メタワード: 毛穴が詰まってニキビができやすいならクレアラシル

毛穴が詰まってニキビができやすいときにいい洗顔料

肌が乾燥して毛穴がつまる

二十歳頃から毛穴に限界を感じ始めてきまして、周りからは綺麗だし白いしいいねと言われていましたが、たまにニキビのようなものもでたりして毛穴がつまるような感じに威圧感がありました。

その頃から、自分に適した洗顔料は無いものかと様々なメーカーの洗顔料を試すようにもなっていましたね。

ビオレの洗顔料や、ダブ、クレアラシルなどなど使っているうちにわかったんですが、洗顔したあとは、突っ張りがでてきてすぐ乾燥していくようなんです。

最近の洗顔料には、化粧水配合の製品や、しっとり潤いキープする洗い心地な製品もあるみたいですが、それだと本当に毛穴の汚れが落ちてる感じがわからないので、突っ張りがある洗顔料でも選びたくなります。

ニキビができやすいならクレアラシル

私が選んだ毛穴ケア方法は、学生時代に使っていた洗顔料のクレアラシルです。

この洗顔料を初めて知ったのは、高校時代の学生寮でのことです。

可愛い子が、使っているのをみたら何故かよく見えまして真似したくなり使いましたね。

あれから15年経った今と違って、使った後の突っ張り感は無かったと記憶しています。

以前は、ぎゅっと締まるぐらいに肌が突っ張りましたが何度かリニューアルされ改善されたせいか、最近のクレアラシルは、大変使いやすいと思います。

変わらないのは洗った後の毛穴の清潔感です。クリアな肌質になっていきます。

クレアラシルはしっかり殺菌し、黒ずみを洗浄し、ニキビのもととなるアクネ菌を殺菌します。

もともと肌が白い方ほどデリケートだと思いますが、そんな自分に適した洗顔料はクレアラシルしかないなと思ってます。

私が実践しているスキンケア

まずクレアラシルをネットに少量出して泡立てて使います。

注意したいところは、まず手を清潔にし、ネットも清潔にしてから洗顔後に即化粧水や乳液をつけれるように環境をまずは整えておきます。

それからネットに泡立てて洗顔します。

はじめは、皮脂の汚れを落としたいので、ぬるめのお湯で顔を洗い流してからネットでクレアラシルを泡立てたら洗顔していきます。

肌を傷つけないように、2回くらい繰り返します。

三回目には冷たい水だけで顔を洗い、毛穴が閉じてきます。

そうしたら化粧水、乳液の順で肌をケアします。

私が愛用している化粧水や乳液はアロインスというメーカーの美白アロエ水です。

こちらのメーカーは、一度も顔にモノが出たりしなかったので安心して使ってます。

朝は化粧をするので化粧水まででも構いません。

夜だけは、しっかり乳液までした方がいいと思います。

それらを繰り返している今、美白効果も常にキープできてます。

サイトマップ